南冥の塔  クリックで敷地内の写真が表示されます

1 所 在 地    沖縄県糸満市摩文仁
2 建立年月日    昭和29年9月
3 敷地面積          平方メートル
4 合祀者数    12,000 柱
5 管理団体    内閣府沖縄県総合事務局
       

6 碑  文

 摩文仁周辺は沖縄戦の終焉地で軍人、住民、学徒隊が追い詰められ逃げ場を失った所である。壕もなく岩陰や木の陰まで避難民でいっぱいだった。そこへ米軍の連日連夜にわたる苛烈な砲撃や爆撃が襲いかかり、多数の死傷者を出した。沖縄戦に参戦し当時の地獄絵のような惨状が頭から離れなかったという日系二世の米兵ヤマモト・タツオ氏が昭和29年9月、摩文仁区民とともに身元不明の兵士や住民の遺骨1万2000柱を収骨して祀ったのである。









 

7 碑文2













8 献  歌









9  の塔慰霊祭
 平成 年 月 日( )













10 鯉のぼり掲揚
 こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業








11 その他情報
 参  拝








 ◎千羽鶴奉納
 







ezLog 編集